本文へ移動

社長のつぶやき

つぶやき

RSS(別ウィンドウで開きます) 

2020-06-04
早いもので6月に入り、次の受注の予定を立てなければいけない時期を迎えました。
今月で大型案件2件が竣工するためです。
とはいえ、応札できる全ての案件を積算していますが、どの案件に縁があるかは全て
に挑戦してみないと分かりません。
そんな中、昨夜は夜間の舗装現場に立ち会ってきました。
以前、自分が担当したときからの下請業者の皆様が協力してくださり、現場はスムー
ズに運営されていました。
こうした多くの方々に支えられているご縁も、今後ずっと大切にしていきます。

数字

2020-05-25
積算を行うにおいて、最も時間を要する物件は解体工事です。
大きな案件の場合、1週間費やすことも当たり前です。
この春は、めずらしく県と市の発注が多いので数字に追われる日々となっています。
1件でも受注するためには不満を抱くことさえ許されませんので、感謝して1つ1
つしっかりと積算して喜んで数字に追われようと思います。

取材

2020-05-14
今朝の埼玉建設新聞で、自分が取材された記事が掲載されました。
最初はお断りしたのですが、会社的に宣伝効果があることと個人的には勉強になる
ことでお受けしたものでした。
反響は予想外に多く、多くの仲間や発注者の方からも激励の御言葉をいただき感謝
でいっぱいです。
以前、資格学校の取材を受けた時と同様ですが、決して傲慢にならず自らを戒めな
がら今後も堅実にいこうと思います。

絶対

2020-05-08
絶対と付く言葉には、基準が伴うと思います。
例えば「絶対善」であれば、全く善ですので少しでも汚れがあれば相対できません。
しかも、絶対の領域にたどり着けない段階では、理解を超える事象もあります。
会社や仕事で「絶対会社」と考える場合、その領域にたどり着く前に自己主張して
は良い結果が残せないということになります。
それは、基準が満たされていない段階での不満でしかないのです。
絶対の基準まで、早く到達しなければいけません。

和やか

2020-04-28
本来、家庭とは1番安らげる場所、帰りたくてしょうがない場所、家族全員が笑顔
で溢れる場所であるべきです。
であれば、コロナの影響があって毎日自宅で過ごす場合でも、楽しい時間で溢れて
いなければなりません。
子どもたちが家庭で学ぶことは、学校や社会では学べない「家族愛」です。
こんな時だからこそ、せめて家庭の中だけは和やかに神聖な雰囲気にしたいです。
金本建設株式会社
〒338-0011
埼玉県さいたま市中央区新中里
2丁目16番9号
TEL.048-852-3479
 FAX.048-854-8040

■営業項目
解体工事、土木工事、
造成工事、浚渫工事、土工事、
産業廃棄物処理

■建設業の種類
とび・土工工事業、土木工事業、
舗装工事業、塗装工事業、
解体工事業
───────────────
■営業許可
埼玉県知事許可(特-29)第300号
埼玉県知事許可(特-30)第300号

■産業廃棄物収集運搬許可
・埼玉県知事許可
第01101041128号
・東京都知事許可
第13-00-041128号

■加盟団体
・埼玉県解体業協会
 副会長
・埼玉県建設業協会
・さいたま市建設業協会
 土木委員会委員

■環境への取組
エコアクション21
小型蓄電池リサイクル
エコキャップ運動
0
2
5
9
9
8
TOPへ戻る